...

「灯り」制作記録_2

「灯り」制作記録_2

《製本編》

今回、製本のハードルは
「大量注文を受ける場合がある」
ということでした。

そして、贈答用ということで「上製本」。
そして、「箱入り」。

この条件をクリアするために、装丁は最もシンプルな形を心がけました。

小窓文庫の商品としては、
「遠くにあるもの」
というタイトルをつけている、マッチ箱入りの豆本が、一番早く作れるタイプの豆本です。
その形をベースにして、上質感を出すために表紙は紙ではなく布を使用しました。

そして、箱です。

「箱には水引をかけたい」

それだけは決まっていました。

一気に贈答向きになりますし、和風っぽい雰囲気を出しつつも実は洋風にもとても合うのです。

結果、豆本そのものをシンプルにした代わりに箱に凝ってしまって、8種類くらいのバリエーションを作ってしまいました。

箱に入れてもちっぽけな物なので、数種類のバリエーションがある方がぱっと見栄えがします。

それにしても8種類はやり過ぎ、ということで、最終4種類にしぼりました。

お祝いっぽい「紅」と「白」。
差し色っぽい感じで「若葉」と「桃」。

呼び名は水引の色です。

水引には、本当の水引ではなく、ミサンガを編んだりするのに使われるワックスコードを使用しています。
これは、単に私の好みです。

箱の内箱は、クラフトリプロライナーという紙を使用しています。
外箱には、ブンベルナチュラルを使用しています。

両方とも、paperpark joy nova というショップさんで、インターネットで購入しています。

箱の模様は、私が掘った消しゴムハンコをスキャンしてプリントしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

Top