...

「灯り」制作記録_1

「灯り」制作記録_1

《文章編》

「新しい生活を始める二人に贈るにふさわしい豆本」。

それは、小窓文庫にとっては結構ハードルの高い宿題でした。

小窓文庫の文章担当サコテルは、意味不明なことを書くのは得意なのですが、目的のはっきりした文章を書けない、というより書かない人なのでした。

そんな訳で、今回は私サコジュンが文章を書きました。

下手くそなので、一発では書けません。
元になる文を書き、少し放置してからもう一回見る。
その繰り返しで、自分の気に入る形にして行きます。

だいたい形になったところで、サコテルに手を加えてもらいます。
内容と関係ないところなら、サコテルの本領発揮です。

このようにして、「灯り」の文章が出来上がりました。

贈り物にもお返しにもお使いいただけるように。

新たな生活を始められるお二人には、これからの暮らしに希望を。

もうすでにご家庭をお持ちの方には、日々の暮らしのかけがえのなさを。

あるいは、父や母、子どもに想いを馳せながら。

この本を開いた時に、
ふっとそんな感じがよみがえるような本になればいいなあと
思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

Top