...

すみれ定食

平日に有給休暇を使って恵古箱さんへ。

それというのも、末っ子が今年、幼稚園に入園しまして。

平日にチビがいない、初めての生活。これって、憧れの「平日ランチデート」ができるやん?

ということで、第一回は、恵古箱さんで「すみれ定食」です(≧∇≦)

幼稚園のお弁当が始まるタイミングを測っていたら、やっと行けたのは、恵古箱さんでの出張すみれ定食が終わってしまう一日前。
当然、予約はしていたのですが、すごい人。
でも、今回の目当てはもう一つ、えんぴつ社さんの企画展。
待ち時間にじっくり見よう、と楽しみにしていたのです。

えんぴつ社さんの作品を、まとまった量で見るのは今回が初めてなのでした。

その小部屋に入ると、そこはえんぴつ社ワールド。

あれもこれも欲しくなってしまって、気づけば「これはあの人に、こっちはあの人に」って、人にプレゼントするものばかりいっぱい選んでいました。

結婚が決まったあの人に。
二人の母に。
赤ちゃんが生まれた友人に。

自分には何ひとつ買わなかったのに、すでにとても良いことをしたような、この満足感。

そんなこんなのうちに、待ちに待ったすみれ定食。

嬉し過ぎて、写真を撮るのを忘れてしまいました。

「よく噛んで食べてください」とお品書きに書いてあったので、もぐもぐもぐもぐ、よく噛んでいただきました。

母である私が、日頃なんと「食」に無頓着であることか。

すみれののりさんの、真摯な気持ちが詰まったお食事、私とオットはひたすらもぐもぐいただきました。

ものを作るって、気持ちを伝えるのといっしょだな。

えんぴつ社さんとすみれ定食に、その姿勢を見せていただいた一日でした。

20130512-222126.jpg

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

Top